ガリガリ体型を卒業する方法

痩せすぎだった私が太れた方法をシェアします

ささみソーセージ「丸善 プロフィットささみプロテインバー」の食レポ

PROFITはささみソーセージです

筋トレ民やダイエッターなら日常的に食しているであろう鶏のささみや胸肉。

しかし調理が面倒だったり、気軽に食べられないことから外出中のタンパク質補給に悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「丸善 プロフィットささみプロテインバー」シリーズの5種類を食して美味しさや食感をレポートしたいと思います。

こまめにタンパク質を摂取したいけれど、甘いプロテインは苦手だから食品から栄養補給したいと考えている人は参考にしてみてください。 

ささみソーセージとは?

ささみソーセージとは、ささみ肉を加工することで保存性を高め、舌触りや喉越しを改善したものです。
ペット用に作られた商品が多いので、もしかすると人間用のささみソーセージが存在することを知らない人も多いかもしれません。

丸善 プロフィットささみプロテインバー」は「ささみソーセージ」です

人間用のささみソーセージと言えば「丸善 PROFITささみプロテインバー」が有名です。

少なくとも日本市場に出回っている「ささみソーセージ」はこの品しかありませんので、唯一無二の存在です。

「プロフィットささみプロテインバー」の魅力

PROFITは魚肉ソーセージのような見た目

プロフィットは魚肉ソーセージに似た外観です。
これを美味しそうと感じるかどうかは意見が分かれそうですが、以下に示す理由から魅力的な商品だと思います。

プロフィットは高タンパク・低脂質

まず1つめは
プロフィットが鶏のささみから作られていることです。

公式サイトによりますと

1袋あたり、カラダづくりに欠かせないタンパク質が22g含有、脂質は約1gに抑えられている「ささみプロテインバー」。
タンパク質は性質上、体に溜めておくことができないから、こまめに補給を。鶏ささみの特徴である脂質が低いポイントにも目がいくあなたは、なんてスマートなんでしょう。
2本入りだから、シーンに合わせて、その時のあなたにとってベストな量を。
引用元 : PROFIT公式サイト

プロフィットは他社のプロテインバー成分と比較すると、パッケージあたりの摂取タンパク量が多いのが特徴です。
1パッケージに2本のソーセージが入っていますので「こまめなタンパク摂取」を意識し,1本ずつ時間を空けて食べられるのが1番の魅力だと思います。

プロフィットは甘くない

それから。
他社プロテインバーが「菓子」に分類されているのに対し、プロフィットは「食肉製品」です

この表示を見るだけでも、開発者の本気さを感じますよね。(笑)

筋トレ民にとって糖質は必要な栄養素ですが、ダイエット等を目的に糖質制限をしている人にとっては減らしたい成分ですよね?

このような理由から甘くないプロテイン商品を探していたのなら、プロフィットはおすすめだと思います。

プロフィットはささみなのにパサパサしていない

それから更に。

タンパク質を多く摂取することを目的に鶏の胸肉やささみを食べようとしたものの、ササミや胸肉のパサパサ感が苦手で挫折した人にプロフィットはおすすめです。

この商品はささみをソーセージにすることでしっとり感をプラスし、鶏胸肉やささみ特有の喉ごしを改善しています。

プロフィットは常温保存できるから外出先でも食べられる

プロフィットはサラダチキンのように冷蔵保存の必要がありません。
従って携帯性に優れており、筋トレのお供としてだけでなく非常食としても役立てることができます。

健康志向な人にとって間食は捕食ですから。
タンパク質をこまめに摂取するためにも、外出する日はタンパク源を持ち歩くことがおすすめです。

「プロフィットささみプロテインバー」のフレイバーは5種類

プロフィットの魅力は味にもあります。

2023年現在、プロフィットのフレイバーは5種類。
前述しましたが、どれも甘くなく、薄味に作られていますので飲み物なしでも食べられるものが多いです。

それぞれを食した感想を交えて紹介しますと。

マイルドソルト

PROFITマイルドソルト味

もっとも食べやすい味はプレーンな味です。
薄味なので飲み物なしで食べられる気がします。

癖がないので、万人受けするのはこのフレイバーかもしれません。

乳酸菌入りなので吸収が高められるのも嬉しいです。

コンソメ

PROFITコンソメ

ごはんのお供にするのなら、マイルドソルト味よりコンソメ味がおすすめです。

ご飯と一緒に食べるのであれば、炒めるなどして調理すると更に美味しくいただけると思います。
焼いて少し調味するくらいなら肉を食べるよ…と言われそうですが、加熱済みの商品なので表面を少し焼くだけで十分なので楽ちんです。

小さなお子さんの食事にも役立ちますよ。

ブラックペッパー

PROFITブラックペッパー

マイルドソルトとコンソメ味がシンプルな薄味なのに対し、ブラックペッパーは刺激的な味です。
胡椒の風味が強いので単体で食べるのはキツイかもしれません。

私の嗜好の問題かもしれませんが、味のバランスが悪いので好き嫌いが分かれるかもしれません。

レッドペッパー

PROFITレットペッパー

酒のつまみにするのであればレッドペッパーがおすすめです。

これも辛味とささみの旨みのバランスが悪い気がして。
飲酒時にタンパク質を求める人にはおすすめですが、そうでない人にはイマイチかもしれません。

辛い物が好きな人はこれから食べてみてもよいかもしれません。

レモンフレイバー味

PROFITレモンフレイバー味

ブラックペッパーとレッドペッパーがスパイシーなのに対し、レモンフレーバーはサッパリしています。
女性でしたら、これが一番人気だと思います。

個人的にはサラダのトッピングにしても美味しいと感じていまして。
そのまま食べても美味しいけれど、コンソメ味と同様、食事にも活用してほしいと思います。

「プロフィットささみプロテインバー」の残念なところ

このように色々な意味で魅力的なプロフィットですが。
残念なことに改善を求めたい点もあります。

プロフィットからささみを感じない

プロフィットはささみを食べる気で食べると、残念なことになるかもしれません。
これは見た目も味も食感も魚肉ソーセージだからです。

肉を感じないソーセージ

それがプロフィットでして。(汗)
裂けるチーズみたいになっていたらいいのにな…なんて思います。

不味くはないがハマるほど美味しくもない

それから。
プロフィットは甘くないプロテインとして優れているのですが、ハマる美味しさではありません。

甘いものを沢山食べるのは辛い人にとっては神のようなプロテインバーだと思います。
が、しかし、腹が減ったとしてもこれを食べたくなることはないでしょう。

こまめにタンパク補給をして身体作りがしたい!

そんな強い意志を持つ方におすすめな食品と言えます。

プロフィットは添加物が気になる?

それから更に。
プロフィットには添加物が使用されているのですが、それをデメリットと感じる方もいると思います。

これらは常温保存を可能にしたり品質を保持するために必要な成分だと思われますが。
添加物なしの生活を目指している方には向いていない商品だと思います。

プロフィットより「ささみの燻製」がおすすめな人もいる

常温保存ができて添加物が使用されていない。
そんな肉からタンパク質の補充がしたい人には「ささみの燻製」がおすすめです。

ささみソーセージと比べたらパサパサ感は否定できませんが、加工度が低いため安心して食べられます。

ただ、これを出先で食べていたら恥ずかしいかも?

甘いプロテイン製品が嫌いで成分的にプロフィットがダメな人は、間食でタンパク摂取するのを諦めるしかないかもしれませんね…。
よいアドバイスができなくてスミマセン。

gain-weight.azumin-in-wonderland.fun

丸善 プロフィットささみプロテインバー」のまとめ

今日は「丸善 プロフィットささみプロテインバー」を紹介しました。

プロフィットは健康意識が高い人に適した商品。

タンパク質をこまめに摂取したい人の中でも甘いプロテインバーやプロテインドリンクが苦手な人におすすめです。

携帯性に優れた加工肉なので、いつでも気軽にたんぱく質を補給したい人に便利です。

私は鶏のささみがパサパサしていても気にならないので、プロフィットよりも燻製ささみを愛用していますが。

プロフィットは口当たりがよいし、持ち歩いていても恥ずかしくないパッケージだからおすすめです。

非常時のタンパク源としても便利ですので、家族用にもストックしておくことをおすすめします。